カテゴリー別アーカイブ: 英語関連

外国語会話の基礎

ある段階までの外国語会話の基礎があって、そこから話ができるまでに容易に昇っていける方の性質は、失敗して恥をかくことをそんなに心配しないことだと考えられます。

英会話のシャワーを浴びるように聴く時には、漏れなく一所懸命に聴き、さほど聴き取れなかったパートを何度も朗読して、その後は明確に聴き取れるようにすることが目標だ。

知られている英語の金言名句、ことわざなどから英語学習をするという働きかけは、英語の学習自体をいつまでも維持していくためにも、何はともあれ活用してもらいたいものです。

最近話題のピンズラー英会話とはポール・ピンズラーDr.が世に出した英会話プログラムであり、幼い子どもが言葉そのものを覚える機序を模した、耳にしたことをすぐ話すことで英語を学習するという斬新なレッスン方法です。

有名な『スピードラーニング』のトレードマークは、気に留めずに聞いているだけで、英語というものが我が物となる点にあり、英語が使えるようになるには「独特な英語の音」を理解できるようになることが重要なポイントなのです。

一般的な英会話カフェの目だった点は、英会話をするスクールと自由な会話を楽しめるカフェ部分が合体している一面にあり、あくまでも実践的なカフェ部分のみの使用も入れます。

とある英会話メソッドは、近ごろホットなフィリピンの英語力を実用化したプログラムで、英会話をなんとしてでも会得したい我々日本人に英会話を身に付ける機会をお値打ちの価格で提供してくれています。

多くの事を暗記していれば取りつくろうことはできるが、どれだけ進めても英文法自体はできるようにならない、暗記よりもちゃんと分かるようになって全体をビルドアップできる能力を習得することがとても大切です。

英会話タイムトライアルに挑戦することは、このうえなく重要です。喋り方はかなり易しいものですが、ほんとうに英語での会話を思い描いて、瞬発的に会話が順調に進むように実践練習をするのです。オンライン英会話 こども

英語の勉強には、多岐に及ぶ有益な勉強法があるもので、相手の言葉を素早く繰り返し言うリピーティング、相手の読んだ内容を終わる前に話す、シャドウイング、音と文字のずれをなくすディクテーションと、若者に人気のある海外ドラマや映画を利用した現実的な学習など、大変多くのバリエーションがあります。

国際コミュニケーション英語能力テスト(TOEIC)は定期的に実施されるものなので、ちょいちょいテストを受けるのは不可能でしたが、いわゆるCASEC(キャセック)はネットを介して時間を気にせず受験できるので、模試代わりの力試しに適しているでしょう。

評判のロゼッタストーンは、日本語を少しも使わないで、吸収したい言語だけに満たされながら、そうした言語を自分のものにするいわゆるダイナミック・イマージョンという習得手段を取り入れているのです。

よりたくさんのイディオムなどを暗記するということは、英語力をアップさせる秀逸な勉強方法であり、英語を自然に話す人たちは、実際に驚くほど慣用句というものを使います。

なんとなくの言い方は頭の中に残っていて、そういうことを頻繁に聞くようになると、不確定な感じが緩やかにクリアなものに変わってくる。

英語に慣れっこになってきたら、テキスト通りに堅苦しく翻訳しようとしないで、イメージを思い浮かべるようにトライしてみてください。勝手がわかってくると、会話するのも読むのも飲み込むのにかかる時間が断然短くなります。

 

リーディングの練習

僕の場合は、リーディングの練習を多く実践してバラエティーに富んだ表現を貯めこんできたから、それ以外の他の3技能(リスニング・ライティング・スピーキング)は、別々に普通の学習教材を少々やるだけで事足りた。

「とにかく英語圏の国に行く」とか「ネイティブと友達になる」とか「会話が英語の映画や英語圏の歌や英語のニュースを聴く」といったやり方があるが、とりあえず単語というものを目安となる2000個程覚えこむことです。

英語で会話するには、まず最初にグラマーや語句等を記憶する必要があるが、特に英会話のための目的をきちんと定め、知らない内に作り上げている精神的なブロックを外すことがとても大事なのです。

いわゆる英会話は海外旅行をより安全に、かつ心から楽しむ為のある種の武器のようなものなので、海外旅行でよく使う英単語は皆が思うほど多いものではないのです。

最近人気のあるロゼッタストーンは、日本の単語を使用せずに、勉強したい言語に浸りきった状態で、言語そのものを吸収するというダイナミック・イマージョンと呼ばれる学び方を採択しています。

アメリカにある会社のお客様電話サービスの多くの部分は、アメリカではなくフィリピンにあるわけですが、通話中のアメリカの人は、向こうにいるのがフィリピンの人間だとは認識していません。

ふつうアメリカ英語を話す人と会話するチャンスは多くても、フィリピン、インド、メキシコ等の人々の話す英語など、現実的に発音が訛っている英語を聞いて鍛錬することも、必要な英語技術の大切な条件なのです。

英会話タイムトライアルの練習は、大変実効性があります。喋り方は平易なものですが、実地で英語を使って話すことをイメージしながら、間髪いれずに会話がまとまるように鍛錬するのです。

某英会話サービスは、最近評判となったフィリピン人の英語リソースをうまく適用したもので、英会話を会得したい私たち日本人に英会話学習の場を格安で用意しています。

著名な『スピードラーニング』の特に秀でているのは、音楽のようにただ聞き流すだけで英会話というものが習得できる点にあり、英会話を我が物とするには「英語固有の音」を聞き取り可能なようになることが肝心なのです。

色々な用途や色々な種類のシチュエーションによるトピックに沿った対談形式により会話の能力を、合わせて英語トピックや歌、イソップ物語など多様なアイテムで、聞く力を得ます。

最近人気のヒアリングマラソンとは、英語教育スクールで非常に人気のある講座で、インターネットとも関連しており、系統的に英語の実学ができる、ものすごく有益な学習教材の一つと言えるでしょう。

スピードラーニングという学習方法は、録られている表現が実用的で、日常的に英語を使っている人が実際の生活の中で使っているようなタイプの言い方がメインになるように作成されています。

例えば今の時点で、難易度の高い単語の暗記に苦闘しているのならば、そのようなことはすぐに取り止めて、本当にネイティブの人間の会話自体をきちんと聞くことが大切だ。

ラクラク英語マスター法という学習方式がどのようなわけで国際コミュニケーション英語能力テスト(TOEIC)に有効なのかというと、そのわけは巷にあるTOEIC用の教材や講座には見られない固有の視点があることによるものです。

 

スピーキング

いわゆるスピーキングは、ビギナーには日常会話でたくさん用いられる標準となる口語文を系統立てて重ねて練習して、ただ頭に入れるのではなく自発的に口ずさめるようになるのがなにより効率的である。

 

ビジネスの機会での初回の挨拶は、第一印象と結びつく大切なものですので、上手に英会話での挨拶が可能になるポイントを何よりも先に掴んでおこう。

わたしはいわゆる英単語学習ソフトを手に入れて、およそ2年間位の勉強をしたのみで、GRE(アメリカの大学院入試)のレベルの語彙力を獲得することが可能だった。

とある英会話教室は、「言葉の少ない会話だったらまあ喋れるけれど、本来言い伝えたいことが自然に言えないことが多い」という、中・上級者に多い英会話上のお悩みを突破する英会話講座だそうです。

 

一般的に「子どもというものが大願成就するかどうか」については、父母の役割が高い比重を占めているので、なくてはならない子どもへ、ベストの英語指導を提供するべきです。

英会話カフェというものには、最大限たくさん通っておこう。1時間当たり3000円程度が妥当なもので、更に会費や初期登録料が要される場所もある。

聞き慣れないコロケーションというものは、一緒に使われることの多いある単語と単語のつながりのことを表していて、ごくなめらかに英語をしゃべるためには、これを活用するためのトレーニングがとんでもなく大事なのです。

やさしい英語放送VOAは、日本の英会話受験者達の間で、とても知名度が高く、TOEIC650~850点の段階を狙っている人たちの教科書として、多岐に亘り活用されています。

オンライン英会話 ビジネスに特化!

 

ヒアリングマラソンというのはリスニング限定というわけでなく、相手が読んだ内容を終わる前に話すシャドウイング、耳と手が同時に要求されるディクテーションなどの勉強の際にも使えるため、種々マッチングさせながらの学習メソッドを推薦します。

緊張しないで話すためには、「長い時間英語でしゃべる環境を1回もつ」だけより、「短い時間であっても英語で話す環境を多く持つ」事のほうが、確実に有効な手立てなのです。

評判のよいDVDを利用した英会話教材は、英語の発音と聞き取りを主要な30音の母音・子音を判別してトレーニングするものです。30個の音に対する口の動きがものすごく明瞭で、リアルな英語の力というものが獲得できます。

「英語圏の国を旅する」とか「外国人と交流する」とか「映画を原語のまま観たり、英語の歌や英語のニュースを観る」等の様々なやり方が紹介されていますが、とにかく基本の単語をおよそ2000個程度はそらんじることです。

アメリカの会社のお客様コールセンターのほとんどは、実際はフィリピンにあるのですが、通話中の米国人は、、相手方がまさかフィリピンにいるとはちっとも知りません。

 

英語に馴れっこになってきたら、ただ考えて日本語に置き換えようとはしないで、イメージを思い浮かべるようにトライしてみてください。そのことに慣れてくれば、会話も読み物も認識する速さが物凄くスピードアップできます。

英語教育で、幼児が言語を習得するように英語を習得するのがいいという声が聞かれますが、幼児がちゃんと言葉を使いこなせるようになるのは、現実的にはふんだんにリスニングしてきたお蔭なのです。

 

スピーキング練習

スピーキング練習というものは、初心者にとってはふだんの会話でしばしば使用される基本の口語文を体系的に何度も鍛錬して、アタマではなく自ずから言葉として発音されるようにするのがなにより効率的である。

評判のVOAの英語ニュース番組は、TOEICにもよく出題される政治や経済における問題や文化や科学に関する単語が、よく出てくるので、TOEICの単語を暗記する手立てとして有効です。

有名な英語能力テストであるTOEICは定期的に開催されるので、頻繁にテストを受けるのは不可能でしたが、最近人気のCASEC(キャセック)はネット上で何度も受けることができるから、TOEICのための力試しに推薦します。

NHKラジオ番組の中でも英会話の番組は、どこでもインターネットを使って聞くことができるうえ、語学系番組の内ではとても評判がよく、費用がかからずにこれだけレベルの高い学習教材は存在しません。

とある英会話メソッドは、少し前に話題をさらったフィリピンの英会話リソースを応用した教材で、気軽に英語を習いたいというとても多くの日本人に英会話を学ぶチャンスをかなり安く用意しています。

ラクラク英語マスター法の方式がどのようなわけでTOEICなどのビジネスに役立つ公的テストに有利なのかというと、実はよく使用されているTOEIC用のテキストや受験クラスでは見受けられない独特の観点があるからなのです。

某英語学校のTOEICテスト対策の特別講座は、高得点を目指す方から初心者まで、目標段階に応じて7コースが選択できます。ウィークポイントを徹底的に見付けだしスコアアップを図れる、あなたにぴったりな学習課題を準備してくれるのです。

シャワーみたいに英会話を浴びる場合には、じっくりと聞きとる事に集中して、認識できなかった音声を度々音読することを繰り返して、次からはよく分かるようにすることが大切なことだ。

オンライン英会話を始める前に!

英語というものには相手の言ったことを何度も繰り返す、リピーティング、相手の読んだ内容を終わる前に話す、シャドウイング、「聞き書き」のディクテーションなどの潤沢な効果の高い学習方式がありますが、初心者の段階で求められるのは、何度も繰り返し聞き取る訓練を繰り返すというものです。

まず最初に直訳はやめることにして、欧米流の表現をコピーする。日本人の発想で勝手な文章を創作しないこと。普通に使われる表現であればある程、日本語の表現を置き換えしただけでは、ナチュラルな英語にならない。

最近評判の英会話カフェには、時間の許す限り足しげく通いたいものである。料金はだいたい1時間3000円位がマーケットプライスであり、これ以外にも会費や入学金が必要となるスクールもある。

「世間の目が気になるし、外国人そのものに神経質になる」という多くの日本人が持つ二種類の「精神的なブロック」を開放するだけで、一般的に英語は造作なくできるのである。

ロールプレイングや対話など少人数の集団だからできる英会話練習の長所を活用して、担当の先生との対話に限らず、同じコースの人との日常の対話からもリアルな英語を会得できるのです。

ふつう「子供自身が栄光をつかむかどうか」という事については、親自身の影響が大変重大なので、大事な子どもの為に、理想的な英語の教育法を供用するべきです。

最近人気のニコニコ動画では学生のための英語会話の動画のほか、日本語の言いまわし、ひんぱんに使うことの多い一言などを、英語ではなんと言うのかを集めた動画を見ることができる。

 

英会話カフェ

いわゆる英会話カフェには、可能な限り多くの頻度で行きたいものである。利用には、3000円/1時間あたりが相応であり、それ以外に会費や初期登録料が要求されることもある。

何かにつけて幼児が言語を覚えるように英語を学習しましょうと言い表されたりしますが、幼児が正しく言葉を使えるようになるのは、現実的にはとても沢山言葉を浴び続けてきたからなのです。

多様な機能、諸状況による話題に即したダイアローグによって英語で話せる力を、英語ニュース番組や音楽など多様なネタを使って、リスニング能力を手に入れます。

アメリカの民間企業のお客様コールセンターの主だったものは、アメリカではなくフィリピンにあるわけですが、電話している米国人は、、先方がフィリピンにいるなんて全く知りません。

 

『スピードラーニング』方式の最大級の特徴は聞き過ごすだけで、英語力が会得できる箇所にあり、英会話を自分のものにするには「英語独特の音」を判別できるようになることが大切なものです。

一般的に英語には、諸々の効果的勉強法があり、繰り返し言うリピーティング、シャドウイングメソッド、聞き取ったものを書き出すディクテーションと、TVでも人気の海外ドラマや映画をそのまま使った英会話学習など、大変多くのバリエーションがあります。

 

人気のあるバーチャル英会話教室はアバターというものを使うため、どんな格好をしているかやその他の部分を気に掛けることもなく、ネットならではの気安さでレッスンを受けることができ、英会話だけに専念できます。

こんなような意味だったという表現は若干記憶に残っていて、そうしたことを重ねて聞くうちに、その不確実さがやおらくっきりとしたものに変化するものです。

嫌になるくらい言葉に出しての実践的トレーニングを実施します。このような状況では、音調や拍子に注力して聴くようにして、従順に同じように言えるよう心掛けなければなりません。

 

ある英語教室のTOEICテスト向け対策講座は、入門編から900点位まで、目的のスコアレベル毎になんと7段階に分かれています。あなたの弱いところを徹底的に分析し得点アップに結び付く、あなたのためのテキストを提供してくれます。

TOEIC等の挑戦を間近に控えているのなら、携帯用ソフトウェアの『TOEICリスニングLITE』というトレーニングツールがリスニング力の発達に有用です。

英語を話せる人に近道(苦労せずにという訳ではありません)を指導してもらうことができるなら、サクサクと、実用的に英語の技量を上げることが叶うのではないかと思います。

 

緊張せずに会話するには、「長時間英語で会話する席を1回作る」ことよりも、「短時間しかなくても英語で話す場を何回も作る」ことの方が、確実に優れています。

日本語と英語がこれくらい相違しているなら、現状では日本以外の国で効き目がある英語学習のやり方も手を加えないと、日本の教育事情では適していないようである。

ラクラク英語マスター法のやり方がどういった訳で英語能力テストのTOEICなどに良い結果をもたらすのかというと、本当のことを言うと一般に広まっているTOEIC用の教材や授業にはない特有の視点があるということです。

 

英語の自動習得プログラム

自動習得プログラムの、YouCanSpeakの特徴は、耳で英会話を学んでいくということよりも、話すことで英語を勉強するタイプの学習材料です。ともかく、英会話の優先順位を高くして修めたい人にきっと喜ばれます。

多様な機能、色々な種類のシチュエーションによるテーマに合わせたダイアローグ形式で英語で話せる力を、実際の英語トピックや歌など多数のアイテムを使って、ヒアリング力を身に着けます。

 

ふつう英会話の勉強をするのだとすれば、①最初にこれ以上聞けないほど聞きまくる事、②意識そのものを日本語から英語に切り替えて考える、③一度学んだことを忘れないようにして身に付けることが肝心だと思います。

人気のロゼッタストーンでは、翻訳してから考えたり、語句あるいはグラマーを教科書的に単純に覚えようとはせずに、日本を離れて住むように、ナチュラルに英会話を覚えることができます。

TOEIC等の試験を考えているというなら、iPhoneの無料アプリの人気の『TOEICリスニングLITE』がリスニング能力の躍進に非常に効果があります。

語学を学ぶ場合は、「初歩的な会話なら操れるけれど、本来言い伝えたいことが滑らかに表現できないことが多い」といった、中・上級段階で多い英会話の苦悩を解決する英会話講座のようです。

 

昔から人気の『ドラえもん』の英語版の携帯アプリケーション「ドラえもんイングリッシュコミックス」等も発売されているため、うまく使うと大いに勉強のイメージだった英語が親しみやすくなると思います。

通常「子供が大躍進するか、しないか」については、親の負う責務が非常に重大なので、これから英語を学ぶ自分の子どもへ、理想となる英語指導を与えるべきです。

通常、英会話を修めるためには、アメリカ圏、イギリス圏、オーストラリア連邦などの生まれた時から英語を話している人や、英語を使った会話を一日中喋る人と多く話すことです。

 

人気の高い英会話カフェの目だった点は、英語スクールと英会話できる喫茶部分が合わさっているところで、部分的に英語カフェのみの活用も可能です。

英語を話せる人に近道(尽力しないという意味ではなく)を教授してもらうことができるのなら、ストレスなく、実用的に英語の実力を伸展させることが可能だと思います。

BGMを聞くような単なる英語のシャワーだけでは、聞き取り能力は上がらないのです。リスニングの力量を伸長させるには、結局のところひたすら音読することと発音の練習が必須なのです。

英会話というものの多様な能力を付けるには、英語を聞き取ることや英語の会話をするということの両者を繰り返しレッスンして、もっと具体的な英会話の技術をマスターすることが大事な点なのです。

ふつうアメリカ英語を話す人と語らう場合は多いかもしれないが、フィリピンやインド、メキシコの人がしゃべる英語など、いかにも発音が訛っている英語をリスニングできるということも、必要不可欠な英会話能力の内なのです。

通常幼児が単語そのものを学習するように英語を学んでいくという言い回しがありますが、幼児が確実に会話することができるようになるのは、本当のところ多量に聞くことを続けてきたからなのです。

 

スカイプで英会話

スカイプを使った英会話は通話に際しての料金が無用なので、非常に経済的にやさしい勉強方式です。通学にかかる時間も不要だし、時間も気にせずにどんな場所ででも学習することが可能なのです。

何度となく声に出す訓練を敢行します。そういう時には、語調や拍子に注意して聴くようにして、文字通り模倣するように実行することが大事です。

最もメジャーな英語能力テストであるTOEICの受験を待ち望んでいるならば、Android等の携帯情報サービスの無料プログラムの『TOEICリスニングLITE』というアプリがリスニング能力の発達に役立ちます。

特に緊張せずに話すためには、「長い時間英語でしゃべる機会を1回作る」ことよりも、「時間が少なくても英語で話す環境を数多く作る」事のほうが、絶対に効率的なのです。

 

NHKのラジオ番組の英会話の番組は、どこでもインターネットを使って学習できるので、ラジオでの語学番組の中でもとても評判がよく、そのうえ無料でこれだけレベルの高い英会話講座はないと言えます。

英語に馴れてきたら、考えて堅苦しく翻訳しようとしないで、イメージ変換するようにトレーニングしてみて下さい。そのやり方に慣れれば、リスニングもリーディングも把握時間が驚くほど短縮されるでしょう。

 

人気のバーチャル英会話教室は仮想世界の分身、アバターを使うので、何を着ているかや身嗜みというものに注意するということも不要で、パソコンならではの気軽さでレッスンを受けることができ、英語の勉強に注力することができるのです。

仮定ですがいま現在、色々な単語の暗記に悪戦苦闘しているのなら、直ちに中止して、リアルにネイティブに英語を話す人間の話す内容を正確に聞き取ってみることだ。

リーディングの勉強と単語習得、その双方の勉強を併せて済ませるような微妙なことはせずに、単語を学習するならひたすら単語だけを一遍に記憶してしまうべきだ。

著名なロゼッタストーンでは、一旦翻訳してから考えたり、言葉とか文法を丸ごと覚えこむのではなく、海外の地で生活していくように、自ずと海外の言葉を会得することができます。

 

『なんでも英語で話せる』とは、何か感じた事を間髪を入れず英単語に変換出来る事を表しており、会話の内容に合わせて、何でも制限なく言いたいことを表せることを意味しています。

某英会話学校のTOEICテスト対策特別クラスは、全くの初級者から上級者まで、ターゲットとするスコアレベル毎に7コースもあります。ウィークポイントを入念に洗い出しレベルアップする、最良のテキストをカリキュラムに組みます。

海外でも有名なトトロや魔女の宅急便などの作品の英語エディションを観たら、日本語エディションとのムードの相違点を肌で感じられて、感興をそそられるだろうと思います。

話すのは英語だけという授業は、日本語から英語とか、英語の単語を日本語に置き換えたりという訳す作業を、徹頭徹尾排することによって、英語で英語を総体的に会得する回線を脳に構築するのです。

いわゆる英語学習法にはリピーティングメソッド、聴いたスピードで喋らなければならないシャドウイング、聞いた内容を理解しつつ書いていく、ディクテーションなどの様々な効果の高い学習方式がありますが、初心者の段階で求められるのは、ひたすら聞くというやり方です。

 

聞き流す英会話

何かをしながら同時に英語を聞き流すという事も肝心だと思いますが、1日ほんの20分位でも集中して聞くようにし、話す訓練や英文法を勉強することは、徹底して聞くことをやり終えてから行ってください。

総じて英会話の全般的能力を上げるには、英語を聞き分けることやトーキングの双方を訓練して、より現実的な英会話の技術力を我がものとするということが大事なのです。

 

VOAというものは、日本の英語を学習する者の間で、とても人気があり、TOEICで650~850辺りの高得点を目標にしている人のテキストとして、多岐に亘り導入されています。

英語そのものに、固有の音の連係があるのを認識していますか。こうした事実を認識していないと、大量にリスニングをしても、英会話を聞き取っていくことができないのです。

 

ふつう英会話であれば、リスニング(ヒアリング)の力と会話できるという事は、一定の範囲に限定されて良い筈もなく、全体の事柄を包含できるものであることが必須である。

普段からの暗唱によって英語が記憶と言うものの中に蓄積されるので、早口言葉みたいな英語の喋りに対応するためには、それを一定の分量繰り返していくことでできるようになるでしょう。

最近人気のあるスピードラーニングは、レコーディングされている英語表現そのものが秀逸で、普段英語を話す人が普通に会話で用いるような英会話表現がメインになってできているのです。

意味のわからない英文などがあっても、タダの翻訳サイトや沢山の辞書サイトを利用したら日本語に変換できますので、そういったサイトを助けにしながら体得することをみなさんに推奨しています。

 

オーバーラッピングという英語練習方式を取り入れることによってヒアリングの精度がより改善される理由が2種類あります。「自分で言える音は聞いてわかる」ためと、「英語の処理能率がよくなる」ためと言われています。

最近人気のあるロゼッタストーンは、日本語を少しも使用しないようにして、吸収したい言葉のみの状態で、その国の言葉を修得するダイナミック・イマージョンと呼ばれる学習方式を採用しているのです。

最近人気のあるロゼッタストーンは、英語・英会話を筆頭に、30以上の他国語の会話を学習できる語学教材プログラムです。聞き取るだけでなく更に、お互いに話せることを願う人達にあつらえ向きです。

「他人からどう思われるかが気になるし、外国人と会うだけで神経質になる」という日本人が多く持つこのような2パターンの「メンタルな壁」を解除するだけで、英会話は造作なく話せるものである。

 

ラクラク英語マスター法という学習法がどうしてTOEIC対策に役立つのかと言うと、実はよくあるTOEIC用の教材や授業には出てこないユニークな観点がその理由です。

英語に馴染みができてきたら、考えて堅実に訳そうとしないで、映像で変換するようにチャレンジしてください。それに慣れれば、英会話も英語の読書も把握するスピードが随分速くなります。

使い所やシーン毎のモチーフに則った対談形式により話す能力を、英語ニュースや歌、童話など色々なアイテムで、聴き取り力を自分の物とします。

 

NHKの朝ドラで見た、英語学習のヒント

NHKの朝のドラマ「花子とアン」が始まりましたが、このドラマの主人公・花子が、女学校で英語の授業に苦労するシーンを見ました。

花子たちのクラスの生徒は、英語の基本文・50センテンスを丸暗記しなければなりません。

しかも、現在形の基本文を過去形、未来形に即座に言いかえるというレッスンで、花子が難儀するというお話。

これは、単調で面倒くさいようでいて、とても有効なレッスンだと思います。

 

日本語では、「私は6時に起きま…す」「私は6時に起きま…した」のように、時制は文の最後で表現します。

でも英語では、「I get up…」「I got up…」のように、最初のほうで区別をしないといけないので、

この日本語とは違うパターンに慣れる必要があるのです。

 

実際にこれをやってみると、簡単そうでいて意外と難しい!

自分は今、いつの時制の話をしようとしているのかということを、初めに意識して話す必要があるからです。

しかも過去形は基本の形に「-ed」をつければ済むものと、そうでない不規則変化タイプもありますから、

記憶力と瞬発力が必要ですね。

このトレーニングを積むと、時制を先に考えるということが、身体の感覚として身につきます。

 

英語学習のヒントがたくさんありそうで、NHKの朝ドラがこれからも楽しみです。

 

 

英会話教室に行くなら

英会話をマスターしたいと思うとき、誰でも考えるのが「英会話教室に通う」ことです。

 

ですが、かりに初心者が週に1回・1時間程度のレッスンを始めたとしても、

それだけですぐにペラペラ…にはなれないと思います。

英語をマスターするには、ふだんから地道な努力をしていなければ、

自分の思いをスムーズに伝えるところまでは、なかなか到達できません。

 

英会話教室に行くなら、予習が必須です。

自分の言いたいことや、仕事で使うであろうフレーズなどについて準備をし、

教室で実際に、それがきちんと講師に通じるか試すという方法が良いのではないでしょうか。

そうでなければ、レッスン時間を効果的に使うことができません。

 

 

とにかくネイティブと話すということに慣れたい、度胸をつけたい、というだけならともかく、

仕事などで短期間にある程度の実力をつけたいと思うなら、レッスンの機会は有効に使いましょう。

多くの英会話教室では、ひと月に1万円近いレッスン料を払うのですから、

貴重なレッスン時間を「えーと、あの、何だっけ」で終わらせてしまうのはもったいないです。

 

ネイティブとのレッスンは、ステージに例えるならいわば本番。

日頃のお稽古とリハーサルを、十分に行ってからから臨むことを、おすすめします。