月別アーカイブ: 2015年10月

基礎代謝と年齢

基礎代謝は年をとるにつれ落ちていくようです。実際に、食生活に変化はないのに年をとる毎に太りやすくなっているような気ってしますよね。脂肪燃焼系や吸収阻止系のサプリメントも多種ありますが、出来るならば自然なものからできている漢方で目指せ基礎代謝アップです。限られた短い期間で健康的にダイエットするには水泳がベストな方法です。陸上競技はちょっと…という方でも、水の中ならば浮力があるので、体にも負担がありませんし、泳ぎ終わると疲れが気持ちいいくらいです。ダイエット目的でスイミングをしている人はたくさんいますので、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。水泳は予想以上にカロリーを使うので、継続することで必ずやせられるでしょう。ダイエットに取り組むときにはまず最初に基礎代謝量を計算しておくことが実は大切なんです。基礎代謝とは、特になにも動いていない状態において消費されるエネルギーのことをいい、数値が大きいほど太りにくい体質だということができるのです。基礎代謝の計算はネット上のサイトで確認することができますので、使ってみて数値を確認してみるといいと思えるのです。ダイエット時のおやつは何があってもNGです。おやつで食べるものが、もしもスナック菓子のようなものではなくても、食べただけ、太っていくという現実を心に留めておいてください。過度の我慢もいけませんが、朝食、昼食、夕食の三食をきちんと食べて、あとは食べたい欲求をコントロールできるように体質改善ができるといいですね。どうしてもやって来るのが痩せなくなってしまう時期です。こんな状態の時にどうすればいいのかと言うと、その状態でダイエットを切り上げてしまう人もいますが、着実につづけるのが重要です。もし、運動量が減ったのなら、食べるものだけはカロリーに気をつけたり、食事を気に掛けないのなら、運動オンリーでも続けましょう。呼吸に気を遣を遣って、お腹から行うだけでも、人はカロリーを燃焼するそうです。脂肪を燃焼させるストレッチとしては深い呼吸をしながら、肩甲骨を動かすのが効果が見られやすいのだと聞きました。肩こりにも、効果的らしいのですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向いたままキープし、肘を曲げて身体の後ろに下げていきます。ボニック CROOZ 効果

この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。ダイエットに、効果的なのは息の上がる程度の運動と筋トレです。遅筋という筋肉は有酸素運動をするときに主に使われるのですが、筋トレで使われているのは速筋です。遅筋は筋が大きくなりにくく、マッチョみたいになりにくい筋肉です。遅筋と速筋を同じように鍛えると、素敵なスタイルに近づけます。ダイエットを成功に導くためには有酸素運動が無くてはなりません。長時間かけて行う軽中度負荷運動により体内の残存している脂肪が燃えてなくなるので、たるんだ部分を引き締める事ができます。よくキツイ筋肉トレーニングを試している人もいますが、トレーニングがハードで途中で投げ出す場合も少なくないでしょう。痩せるためにはある一定の期間が必要ではないに決まってますいきなり痩せることは健康に良くないので、無理なく痩せるための方法を選び、それを続けて、徐々に体重を減らしていくのが基本です。体重が少なくなったからとやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまいがちですので、少なくとも3ケ月は繰り返しましょう。若い頃は基礎代謝がすごくしっかりしているので、多少食べ過ぎて体重に影響があってもちょっと待てば元通りになることが多いです。でも、歳をとるにつれて基礎代謝が衰えてしまい、エネルギーの消費量も減少するので、何もしないと脂肪がつきやすくなります。痩せようとしている間、無性に甘い物が食べたくなった時に飲食する物は、ずっと変わることなく寒天です。寒天は色々な味付けにできるので、飽きることが全然ないのです。特に、缶詰のみかんを入れた牛乳の寒天と、サイコロ状に切った味付けしていない寒天にふんだんにきなこをまぶしてちょっぴりくろみつをかけたものが大好きです。これさえ食べておけば絶対痩せる!なんて食べ物はありません。しかし、カロリーが低いものや、食物繊維を多く含有していて、お通じをスムーズにしてくれるものは痩身効果がありますよね。野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、太りにくくなるでしょう。同時にカロリーの高い、体重が増えそうな食べ物を制限することも大切です。ダイエットには有酸素エクセサイズがお手軽に出来るので、試してみてほしいのです。踏み台昇降を私は家の中でしています。これは長くやっていると、脈が速くなりますし、膝の上下の筋肉も使うので、見かけよりもずっと体力が求められます。これをテレビをつけてしていますが、すごく気になる部分のサイズが減りました。ダイエット中の方は運動をして減量をしていくのは普通ですが、しっかりと時間を決めて取り組んでいますか?出来る範囲で日々、朝だったら朝、夜なら夜と決められた時間に運動した方が痩せやすい体になることが出来るでしょう。一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたころからだんだんと落ちていってしまいます。これが示すことは、成長期の終わりとともに代謝量が安定しだしたことと、運動量の減少のために筋肉量も、それまでの数値よりだんだんと低下しているからです。中年に差し掛かると太りやすい身体になっていくのはこういうれっきとした理由があるのです。