紫外線が肌によくない理由

紫外線は肌によくないと言われているですが、なぜ紫外線は肌によくないのでしょうか。

紫外線が肌に及ぼす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

紫外線とは太陽光のひとつであり、特別な状況下において浴びる可能性のあるものではなく、日常的に浴びているものです。

太陽から降り注ぐ光の中には、目に見える可視光線だけでなく、紫外線と赤外線も常に存在しています。

紫外線と赤外線はどちらも見えない光ですが、波長が長い方が赤外線であり、短いほうが紫外線です。

紫外線は、それぞれの特性によってA波、B波、C波の3つがあり、各々で性質が異なります。

このうち紫外線C波はUVCとも呼ばれ、オゾン層によって吸収されるため地上には到達しないと言われています。

近年フロンガスによるオゾン層の破壊が問題視されているため、地上には全くないものと考えない方がよいかもしれません。

赤外線そのものによる肌への害はありません。

しかし、赤外線て肌の表面温度が上がると、紫外線の影響を受けやすくなります。

紫外線が肌の状態をそこなう速度が、加速する可能性があるといいます。

肌を紫外線からガードするためには、UVカットのクリームや装備品で皮膚を守るようにしましょう。